リメンバーFX

2017年11月28日

CFD業界ニュースGMOクリック証券が2018年1月1日からCFD取引の配当金や分配金等に基づく権利調整額の取引ルールを変更することを発表した。



変更内容は、米国証券(米国株式、米国ETF、米国ETN)を原資産とする以下のCFD銘柄の配当金や分配金等に基づく権利調整額に対し、受取が確定した際には、米国税制に基づき定められた源泉徴収税額(税率10%)が徴収される。なお、支払に関しては、徴収されない。
・[株式CFD] 「アリババ」を除く米国株式CFD
・[バラエティCFD] 「グローバル(米国除く)不動産ETF」を除くREIT型ETFバラエティCFD
>>>詳細はこちら
>>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

posted by CFD羊飼い at 2017年11月28日17:20| Comment(0) | CFD業界ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください